So-net無料ブログ作成

グリップ位置が下がる癖を治す方法 [悪い癖を簡単に治すバッティング上達法]

グリップ位置が下がる癖を治す方法


あなたのお子さんが、ボールを打ちに行く時
グリップの位置が下がってはいませんか?


グリップ位置が下がる癖を治す方法.jpg


両手の位置に注目して下さい!


このようにグリップが
一度下がってから、上がってきてはいませんか?

確認してみて下さい。



これでは、グリップが下がることで、
打つ時にバットが極端に下から出てしまうので
凡フライを打ち上げてしまう確率が、大幅にアップしてしまいます。



また、グリップが上下上と動くケースは、
タイミングが遅れる原因となり、
つまった打球になってしまいます。



さて、このような症状を治すにはどうすれば良いと思いますか?



普通であれば、構える時に
グリップを上げる事を意識するように指導する事でしょう。



しかし・・・


それではなかなか治りません。



もしあなたが同じような指導をされた事があるならば、
すでにお分かりの通りですね。



また、上から下に打ちおろすよう、
ダウンスイングを指導するかもしれませんね。



最近よく議論されているように、
ダウンスイングばかりでは、
ゴロばかり打つことになってしまいます。



また、直線の動きでやってくるボールを、
「点」で捉えるダウンスイングは、
基本的にミートさせるのが難しいので
選手の打率を下げる結果になってしまいます。



では、どのように指導すれば良いのでしょうか?



物凄く簡単なトレーニング方法なので
今日からできますよ!

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

⇒ グリップ位置が下がる癖を治す方法








共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。